シニアが英語を勉強するのに適している二つの理由:①人生経験で得たものが英語に生かされる ②英語の勉強を続けるモチベーションを維持しやすい傾向がある

英語上達のコツは間違えることを恐れないこと

otikomu

英語上達のコツは間違えることを恐れないこと!

英会話を勉強しているのだが、なかなか話せるようにならない!

こんな悩みを抱えていませんか?

実は、考え方とやり方を少し変えるだけで英会話力はグングン上達します!

悩んでいる
オンライン英会話を1年以上習っているんだけれど、なかなか英語を話せるようにならないの!  私には向かないのかしら?
教える
そんなことないと思うよ。ただ勉強のやり方が間違っているんじゃないかな?
英語の上達が遅い人のほとんどは、間違えることを恐れているんだ! そこを克服すれば、英会話の力はグングン向上すると思うよ。

 

疑問
私自身は間違いをすることを恐れてはいないと思うんだけど…
教える

君は英語を話すとき、まず日本語を考えて、それから英文法を考えて正しく間違えないように話そうとしていないかい?

それがよくないんだ。英語を勉強している間は、正しく話そうなんて考えないほうがいいんだよ。

 

悩んでいる
どうして?
教える

日本人だって、母国語の日本語間違うことが多いんだよ。

だから外国語である英語を間違えるのは別に恥ずかしい事でも何でもないし、当たり前のことなんだよ。

 

悩んでいる
そうかなぁ? でも、ちゃんと正しい英語話したいし…
教える
なかなか納得してくれないようだね。
それじゃ、詳しく説明するよ。

日本人は間違えるのが怖い! 英語を話せるようにならない理由がこれ

日本人が英語を話すとき、ある特徴があるといわれています。

それは、「型通りの挨拶をする」ことです。

例えば、学校で習う英語の挨拶などでは、

”Good morning. How are you?”  “Fine thank you, and you?”

という決まり文句を毎回繰り返します。少しの変化も学びません。

これは親しいネイティブにはあまり良くないことなのですが、どうして日本人はこういった形にハマった言い方を好むのでしょうか?

それは、日本人は失敗することをを恐れるという気持ちが強いからです。

どうして間違えることを恐れるのか

日本人は、学校においても社会においても間違えると叱られます。

つまり、日本社会は一般的に「加点主義」ではなく「減点主義」だからです。

日本人は、小学生のときからこの減点主義の教育を受けてきているので、間違えない(ミスをしない)ということを過剰に意識してしまうのです。

また日本人は、均一性の高い民族ですから、うまくいっている場合は非常に優れた社会性を示すのですが、1つ間違えると「村八分」のような目に遭ってしまうという恐怖心が植え付けられてしまっています。

間違い(ミス)をして叱られたり、恥をかくのは嫌だから、無難な挨拶をしておこうというような隠れた恐怖心が日本人にあるということは十分に考えられます。

日本の学校教育においては、間違えたりミスをしたりすると、先生に叱られ、他の生徒から馬鹿にされたりして恥をかかされます。

誰でも恥をかかされるのはとても嫌なことです。

だからこれを避けるためにできるだけ発言することを避けようとし、決まりきった挨拶ができなくなってしまうと考えられます。

これは、英語だけに限ったことではなく、すべての教科に当てはまります。

算数・数学などは理解できないところがあっても質問しません。

質問するとみんなに馬鹿にされるのではないかと恐れてしまうのです。

それでは、大人になっても間違うことを恐れるいうのを免れる事は困難になってしまいます。

ネイティブは間違い(ミス)を気にしない

アウトプット

間違うのが嫌、失敗するのも嫌!

失敗したり間違うことを避けるために、行動が萎縮してしまったりすると、そこからは建設的なものは何も生まれません。

英会話もこれと全く同じで、間違えることを避けたりしていると英語を話せるようにはなりません。

英語を話せるようになるためには、実際に話してみる(アウトプットする)ことが必要す。

当然、上達するまでには何度も何度も間違い失敗することがあるでしょう。

しかし、この「間違いをする」というのは非常に大切なことです。

間違いをし、それを訂正して正しい英語を学んでいくということが英会話の上達に欠かせないのです。

「変な英語を話してしまうのでは」というようなネガティブな考えを持つ必要はまったくありません。

ほとんどのネイティブは、日本人が話す変な英語をあまり気にしません。

肝心なことは通じることです。

イギリスは言葉遣いや発音によって社会を階級分けしているというのは有名なことですがこれは例外です。

もちろん、明らかな間違いは指摘されますが、それは馬鹿にされているわけではありません。

そこのところをしっかりと理解しておく必要があります。

日本人だって、間違った日本語を使う人が結構います。

母国語を間違うんですから、外国語を学ぶ人が間違うのは当然のことです。

ただ、重箱の隅をつつくように文法事項を細かく指摘してくるような指導者もいると思いますが、そのような人とは距離をとっておくのが1番です。

まずやってみることが大切

私たち日本人が人前で、間違ったことを言うには恐怖心が伴いますが、英語に関してはまったく当てはまらないことです。

実際にネイティブの人と会話をすればわかると思いますが、彼らは文法の間違いや多少の言い間違いなどはほとんど気にしません。

それよりも、正しく話そうとしてもじもじしたり、相手の顔色を伺っているような様子を見せると、彼らはイライラしてきます。

多少の間違いなど気にせずに、どんどん話した方が会話も弾んで楽しくなってきます。

今もっている英語の力を動員して、間違えることを恐れずにどんどん話しかけていくことが大切です。

「少しくらい間違ってもいいよ」というようなリラックスした気持ちで話せるようになれば、英会話力はグングン上達します。

もし間違えたら、それを正せば良いわけですから肩の力抜いて、話せるようになってください。

まとめ

英語を自由に話せるようになるためには、アウトプットすることがとても大切です。

間違い(ミス)を恐れずに、積極的に話すことが重要です。

間違ったという事は、挑戦したということです。

挑戦することによって間違いを正すことができ、ぐんぐん英語が上達することになります。

間違うことを恐れていては、いつまでたっても英会話は上達しません。

アウトプットにチャレンジして、間違えればそれを正していけばいいわけです.。

そういう考え方で、どんどん積極に的に会話することを考えてください。

正確に話すことばかりに気をとられていると、萎縮してしまってアウトプットすることができなくなってきます。

間違うことを恐れずに積極的に肩の力抜いて会話することを心がけましょう。

合わせてお読みください

関連記事

英語を学習しているのに話せないとお悩みのあなたに朗報!! 英語学習にたくさんの時間を割いているのに、なかなか話せるようにならない… オンライン英会話を学んでいるけれど、英語が話せない… 英会話スクールに通っているが、英[…]

悩む
リラックスしよう

恐怖心がどこから来るのかを理解して克服しましょう。そうすれば、成功への道が開けます。…

 

 

応援クリックをポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ