シニアが英語を勉強するのに適している二つの理由:①人生経験で得たものが英語に生かされる ②英語の勉強を続けるモチベーションを維持しやすい傾向がある

【初心者向け】英語リスニング力上達のコツ

woman-977020_1920

初心者向けの効果的な英語リスニング上達のコツ

悩んでいる
英語のリスニングができるようになりたいんだけど、初心者は何をどうやって勉強したらいいのかな?
上達するやり方とか、おすすめの教材があれば教えてほしいわ!
教える
それじゃあ僕が、リスニングを上達させるために初心者がやるべきことを、分かりやすく説明するよ。

英語のリスニング力を上達させるために初心者がやるべきこと

やることはすごくシンプルです。

  • 英語の「正しい音」を覚える
  • 英語の「意味」を理解できるようになる

特別なトレーニングとかメソッドは一切必要ありません。

「音感の良さ」とかもまったく関係ありません。

この2つだけを意識してリスニング学習を進めていけば、誰でも必ず英語は必ず聞き取れるようになります。

英語の「正しい音」を覚える

まず、英語を聞き取れるようになるためには英語の「正しい音」を覚える必要があります。

これは、知ってる単語や簡単な英文でも、その「正しい音」を覚えていないとまったく聞き取れないか、別の単語に聞き取ってしまうからです。

私たち日本人は、英語を文字で覚え、カタカナ英語に囲まれて生活しているので、「読めばわかるけれど、音を覚えていない英語」がたくさんあります。

これが、リスニングで英語が聞き取れない大きな原因の一つです。

だから、英語を聞き取れるようになるためには、聞き流しているだけではなく、基本的な英語の正しい発音を意識して覚えていくことが絶対に必要です。

英語の音声変化についての知識も必要

英語の音を覚えるときは、「音声変化」も意識して覚えていくことが大切です。

英語は文として発音すると、もともとの単語の音が激しく変わってしまうことが多いことに、気づいていることと思います。

厄介なことに、単語同士の音がつながったり、短くなったり、消えたりしてしまいます。

初心者の人がこういう音声変化を知らずにリスニング学習をはじめると、「単語の音はわかるはずなのに聞き取れない」という事態になりかねませんので、リスニング学習をはじめる前にサラッとでも確認しておくことをオススメします。

英語の「意味」を理解できるようになる

正しい音を覚えるだけではなく、その「意味」も理解できるようになる必要があります。

ここですごく大切なのが、「瞬時に意味がわかるようにしないといけないということです。

理由はごく単純で、リスニングはリーディングと違って、自分のペースで英文を理解することができないからです。

聞いた英文の音だけを頭の中で覚えて、それを後からゆっくり訳すというようなことは通用しません。

ですから、英語のリスニングができるようになるためには、ただ単語や文法を覚えて英語を日本語に訳せるだけではなく、それを瞬時に理解できるようになるまで練習することが絶対に必要です。

初心者のための英語リスニング勉強法【3つのコツ】

英語リスニングの勉強方法は、英語を読めるようにし、聞き取れるようにして、繰り返し聞いて定着させる。この繰り返しです。

あとはコツコツと学習を続けていけば、誰でも自然とリスニングができるようになります。

英語リスニングの勉強に効果的な3つのコツ

  • 内容を意識しながら音声を聞く
  • スクリプトを確認して、英文を語順のまま読めるようにする
  • 意味のわかるかたまりを意識しながら、音声の真似をして音読する

内容を意識しながら聞く

用意した英語を「内容を理解すること」に集中して、リスニングしてみます。

これは、細かい部分をすべて聞き取ろうとするのではなく、全体としてどんなことを言っているのか、内容を把握する練習です。

リスニグではどうしても、「音を聞き取ること」ばかりに集中してしまいがちですが、大切なのはあくまでも内容を理解することです。

試験にしても会話にしても、実際に英語を聞くときはこうやって音よりも内容をつかむ意識がすごく大切になります。

音に集中しすぎてしまうと、ちょっと聞き取れない単語があっただけで頭が真っ白になってしまい、それ以降なにも聞き取れなくなってしまいます。

もちろん、リスニング力を向上させるためには、音を聞き取れるようにするのも必要です。

しかし、実際に聞くときに大切なのはあくまでも「内容」で、音を完璧に聞き取る必要はないことを覚えておいてください。

スクリプトを確認して、英文を読めるようにする

次は、スクリプト(英語音声を文字にしたもの)を確認して、読めるようにします。

このステップでやるべきことは、

  • 知らない単語や表現、文法のチェック
  • 英文を語順のまま理解できるようにする

の2つです。

ここでも、英文を前から語順のとおりに分けて訳してみてください。

前に述べたように、リスニングでは聞いた英文をゆっくり日本語に訳している暇はありません。

瞬時に意味がわかるようになる必要があります。

そのためにまず、英文を前から順に、かたまりを意識して理解する練習がすごく効果的です。

「意味のわかるかたまり」がわからない場合は

もし「意味のわかるかたまりがわからない」場合は、基礎文法が身についてない可能性があるので、最低限の文法を勉強することからはじめることをおすすめします。

ここで、大切なのは、簡単な文法の解説を読み、例文を暗記することです。

4.音声を真似して音読する

英文を読めるようになったら、今度はそれを音読します。

音読をする目的は、「正しい音を覚えられる=聞き取れるようになる」と「語順のまま意味を理解する感覚が身につく」の2点です。

手本をマネして音読する練習

音声を聞いて、それをできるだけそっくりマネするつもりで音読してみてください。

音のつながりとか、リズムやイントネーションもマネしてください。

こうやってマネして音読を繰り返していると、自然と発音を覚えることができます。

その結果、その英語は確実に聞き取れるようになります。

意味もしっかり意識して音読

発音に慣れてきたら、今度は英語の「意味」を意識して音読してみます。

やり方は、英語を前からかたまりを意識して音読する」と「実際にその英文を自分が話していることを意識して、感情を込める」の2点を意識してください。

つぎに、この英文をたとえば友達などに話すことを想像しながら音読してください。

スムーズにできなければ、まずはかたまりごとにゆっくり音読しても大丈夫です。

慣れてきたら、一文丸ごと音読する練習をしてみましょう。

アウトプット

聞き込む

最後の段階では、音声だけで聞き込んでください。

家事をしながら、運転しながらなど、「ながら聞き」でもかまいません。

この目的は、聞き取れるようになった英語を、確実に定着させることです。

ここまでの練習で、その英文は「完全に聞き取れる&意味も理解できる」ようになっていますが、ここで終わってしまうと、時間が経ったらまた聞き取れなくなる場合があります。

これを避けるために、普段のながら聞きで何度も繰り返し音声を聞いて、「いつ聞いても聞き取れる状態」を目指してください。

こうやってしっかり定着させた英語が増えれば増えるほど、加速的にリスニングができるようになっていきます。

最後に

英語のリスニングの上達にはどうしても時間がかかりますが、毎日コツコツと続けていれば誰でも絶対に、聞き取れるようになります。

センスや才能は、一切関係ありません。

ですから、まずは自分が無理なく続けられる範囲で大丈夫なので、是非この記事で解説介した勉強法や教材を使ってリスニング学習にチャレンジしてみてください。

合わせてお読みください

関連記事

シニアが英語の学習に向いているのには理由がある 現代のミドル・シニア世代は元気な方が多いです。 新しい仕事にチャレンジしたり、資格を取得したり、海外旅行を企画したりなどとアクティブな活動をされています。 今の時代、ミドル・シニ[…]

シニアの上達する英語
関連記事

英語リスニング力がグンと上達する5つのコツ 英語のリスニングができるようになりたくて練習をしているんだけど、全然聞き取れるようにならない。なにか良い方法がないかな? こういった悩みを次の5つのコツで解決します!! 意味を考[…]

 

応援クリックをポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ