シニアが英語を勉強するのに適している二つの理由:①人生経験で得たものが英語に生かされる ②英語の勉強を続けるモチベーションを維持しやすい傾向がある

英語リスニング力上達のコツ

英語リスニング力がグンと上達する5つのコツ

英語のリスニングができるようになりたくて練習をしているんだけど、全然聞き取れるようにならない。なにか良い方法がないかな?

こういった悩みを次の5つのコツで解決します!!

  • 意味を考えようとしない
  • 語順のまま、意味のわかるかたまりを意識して聞く
  • 一語一句を正確に聞き取ろうとしない
  • 出だしを聞き逃さない
  • 「音が聞き取れない=意味がわからない」と思い込まない

 

悩んでいる

リスニングができるようになりたくて英語を聞いてるんだけど、全然聞き取れるようにならないの!

なにかコツみたいなのがはあるのかな?

リスニングができる人のアドバイスがあれば聞きたいな!

教える
英語リスニングの力がぐんとつく、リスニングの5つのコツがあるんだよ! 知らなかった?
疑問
そんなのがあるなんて、初めて聞いたわ。私にも、そのコツを教えてくれる?
教える
もちろん。じゃあ、これから、順を追って説明していくね。

意味を考えようとしない

listening-6s

英語のリスニングにおいて一番大切なことは、「英語を聞きながら、それを日本語に訳そうとしないこと」です。

どうしてかというと、聞いた英語を日本語に訳そうとすると、そこに「意味を考える時間」が必要になり、これによって内容の理解が追いつかなくなってしまうからです。

英語と日本語は語順がまったく違います。

ですから、正確に訳そうとすると、英語を最後まで聞き取ってから、ようやく日本語に訳すことになります。

リスニング中に英語を日本語に訳している時間はとれません!

例として、下の英文をリスニングする場合を考えます。。

It is almost impossible to listen to English and translate it into Japanese , because there is a difference in word order between Japanese and English.

このとき、聞いた英語を日本語に訳そうとすると、

  • 脳内では:It is almost impossible 「 それはほとんど不可能だ」⇨ to listen to English 「 英語を聞くこと 」 …
  • 音声は:It is almost impossible to listen to English and translate it into Japanese because there is a ・…

というような感じで、理解が追いつかなくなってしまうはずです。

このように、日本語に訳そうとちょっとでも考えたスキにも、英語は容赦なく耳に入ってきます。

その結果、次の英語を聞き逃して、もうなにがなんだかわからなくなってしまいます。

これから分かるように、英語をリスニングするときに、決して頭の中で日本語に訳そうとしてはいけません。

日本語に訳すとダメなのに、どうして内容が理解できるのか

リスニングをするときは、日本語に訳すのではなく、英語のまま意味を理解する必要があります。

英語のまま理解するっていうと難しく感じるかもしれませんが、例えば、

  • I’m a Japanese.
  • Do you like soccer?

などは、パッと読んだらすぐに意味がわかります。

このとき、頭の中で「日本語に訳そう」とはしていないと思います。

こういう「英語のまま理解できる英文(単語)」を、たくさん増やしていけば良いわけです。

そうすれば、リスニングのときに「意味を考えること」に意識を集中させなくて済むので、音さえ聞き取れれば、そのまま無意識に意味がわかるようになっていきます。

英語の語順のまま、意味のわかるかたまりを意識して聞く

先程、「日本語に訳そうとしない=英語のまま理解しないといけない」と述べました。

そのときに大切なコツが、「英語の語順のまま、意味のわかるかたまりを意識して聞くこと」です。

英語と日本語では語順がまったく違います。

たとえば下の英文なら、

You’ll have a good view / of the harbor / from your bed room window.

これを英語のまま理解するためには、まず英語の語順で、前から順番に内容を理解するクセをつける必要があります。

このときに、上の英文でスラッシュを引いてあるように、「意味のわかるかたまり」を意識すると、英語がぐっと理解しやすくなります。

この英文をまるまる英語のまま理解しろといわれたら難しく感じるかもしれませんが、こうやって小さなかたまりに区切って理解する練習をしてください。

一語一句を正確に聞き取ろうとしない

listening-2s

意外かもしれませんが、英語をリスニングするときは、すべての単語を一語一句聞き取ろうとしてはいけません。

なぜなら、英語は単語の発音が変わったり、消えてしまったりと、音の変化が激しいからです。

つまり、どんなに頑張って聞き取ろうとしても、すべての単語を音”だけ”で聞き取ることは絶対にできません。

英語は音の変化が激しい

英語のリスニング練習をしたら分かるように、英語は音が激しく変わります。

そしてこういう単語は、いくら正しい発音を覚えていても、音だけで聞き取ることはできません。

したがって、音に集中して一語一句を完全に聞き取ろうとすると、変化した音、消えてしまった音に対応できなくなってしまいます。

その結果、英語が異常に速く聞こえたり、音が変わった単語を聞いて「え、今のなに?!」と動揺してしまい、その後の英語はなにも聞き取れなくなります。

一語一句聞き取らなくても、理解できる!

それでは、こういう音の変化をどうやって聞き取るのでしょうか?

元来、英語は一語一句を聞き取らなくても、内容が理解できるようになっています。

英語には、英語特有の話し方といわれる「リズムと強弱」があります。

そして、「強調されている単語」だけをしっかりと聞き取れれば、ほぼ意味がわかるようになっています。

つまり、英語をリスニングするときは、強調されている単語をだけをうまく拾いながら、音が変わっている部分は流すようにして聞くことが大切になります。

もちろん実際のネイティブの会話などはさらに音が崩れているので、聞き取りはもっと難しいですが…

とにかく、一語一句を正確に聞き取ろうとしなくてもいいと意識するだけでも、だいぶ聞きやすくなるはずです。

音が変化した単語はまったく聞き取れてないのか?

「一語一句を正確に聞き取れなくてもいい」といいましたが、それではところどころわからないままなのかというと、そうではありません。

音の変化が激しい部分は、文法や文脈などの知識で、無意識に単語を補って聞けるようになります。

「聞き取ってる」というよりは、「わかる」感覚といえます。

矛盾してるように聞こえるかもしれませんが、一語一句を聞き取らないようにすることで、一語一句正確にわかるようになります。

文の出だしを聞き逃さない

listening-5s

基本的に、英語は大切なことを文の始めにいいます。

出だしを聞き取れなくて、失敗した経験は数多くあると思います。

リスニングのときは文の出だしさえしっかり聞き取れれば、後の方がよく聞き取れなくても、なんとかなる場合が多くてあります。

少なくとも出だしを聞き逃さないように意識することは、英語リスニングの非常に大切なコツです。

「音が聞き取れない=意味がわからない」と思い込まない

「英語が聞き取れない=理解できない」と無意識にでも思い込んでませんか?

とくに、会話のときですが、実際には英語が完璧に聞き取れなくても、意味がわかることも多いはずです。

リスニングは「音」以外の情報も活用する!

駅で外国人観光客に電車の乗り方を聞かれたり、海外旅行先でのやりとりなどの場面で、英語を聞きとらないといけないときがあります。

こんなとき、英語が聞き取れないというだけで思考停止してしまわないようにしましょう。

実際には、シチュエーションとか相手の表情、もっといえばジェスチャーなんかで、相手が言ってることを理解できる場合もあります。

リスニングは「音を聞き取ること」ではなく「内容を理解すること」

試験勉強として英語に触れていると忘れがちですが、リスニングの本質は「内容を理解すること」です。「音を聞き取ること」ではありません。

したがって、リスニングをするときは音ばかりにとらわれず、リラックスして、内容を理解することを意識してみてください。

慣れてくれば、きっと英語が聞きやすくなるはずです。

【注】英語リスニングは「コツ」をつかむだけでは、上達しません!

これで、リスニングのコツを5つ紹介しました。

こういったコツを意識しながらリスニングすれば上達するのかというと、残念ながらそれだけでは上達しません!

日々のリスニングで、

  • 聞き取れなかった英語を聞き取れるようにする
  • 意味がわからない英語をわかるようにする

ことがどうしても必要です(むしろこっちの方が圧倒的に大切です)。

その上に、英語のリスニングの上達にはどうしても時間がかかります。

ある程度長い期間、たくさんの英語を聞かないと、なかなか上達は実感できないかもしれません。

ですから、今回紹介したコツを普段のリスニング中に意識しながらも、発音や単語を覚えたり、しっかりと英文を読めるようにしたりと、コツコツと地道な努力も大切にしてください。

続けていれば、リスニングは必ずできるようになります!

初心者向けのリスニング学習法については、別に記事を投稿する予定です。

合わせてお読みください

関連記事

シニアが英語の学習に向いているのには理由がある 現代のミドル・シニア世代は元気な方が多いです。 新しい仕事にチャレンジしたり、資格を取得したり、海外旅行を企画したりなどとアクティブな活動をされています。 今の時代、ミドル・シニ[…]

シニアの上達する英語
関連記事

初心者向けの効果的な英語リスニング上達のコツ 英語のリスニングができるようになりたいんだけど、初心者は何をどうやって勉強したらいいのかな? 上達するやり方とか、おすすめの教材があれば教えてほしいわ! […]

woman-977020_1920

 

応援クリックをポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ