シニアが英語を勉強するのに適している二つの理由:①人生経験で得たものが英語に生かされる ②英語の勉強を続けるモチベーションを維持しやすい傾向がある

頑張ってるのに英会話が上達しない人に!!

why-2

頑張ってるのに英会話が上達しない5つの理由

「英語を話せるようになりたい!」という強い思いを何年間も持ちながら、「なかなか思うように口から英語が出てこない、全然上達しない…」と悩んでいる人が本当にたくさんいます。

悩んでいる

何年も英会話スクールに通っているのに、いっこうに話せるようにならないの!

数年前に、一大決心して英会話スクールの年間契約をしたときは、「これで私は、来年には英語がペラペラになれるんだ!」と希望でいっぱいだったのに…

結局、この数年で進歩したことといえば、外国人に英語で話す度胸がついたことくらいだわ…

教える

英会話が上達のしない人には、ある共通点があるようなんだ。

そこを改善すれば、必ず話せるようになるよ!

疑問
本当に? そんなことができるのだったら、ぜひ、教えてほしいわ!
教える
いいよ! それじゃ、これから説明するね。

英会話が上達しない5つの理由

ここでは、英会話の勉強を頑張ってる人にありがちな、「英会話が上達しない5つの理由」について解説します。

理由1:英会話フレーズの丸暗記に頼っているから

「英語を話せるようになりたい!」と思うほとんどの人が書店で手に取ってしまうのが、「英会話使えるフレーズ○○集」とか「これだけで大丈夫!すぐに使える英会話表現集」みたいな本です。

海外旅行でのチェックイン時、同僚や友達との世間話、体の具合が悪いと伝えたい時などに、そのまま使える英会話フレーズを集めたものです。

大抵の場合、英会話が上達しないと嘆く人は「これを丸暗記すれば英語が話せるようになる」と思いこんでいます。

study-s

しかし、実際には、こういったフレーズの丸暗記では、英会話は上達しません。

なぜかというと、こういったフレーズを覚えても、その場面どんぴしゃでなければ使えないからです。

また、こういった本には、「えっ、その英語でそんな意味なの?」という、私たち日本人が想像がつかないようなフレーズがたくさん紹介されていることが多いのも問題です。

たとえば、英会話フレーズ集で必ずといっていいほど出てくる “What’s up?” というフレーズは、日本人の普通の感覚では、「え、何が上に(アップ)あるの?」って思いますが、これは「最近どう?」と近況を尋ねる英語です。

こういう表現がたくさん載っている本を使って勉強していたら、「へぇ~、そうなんだ!知らなかった~」と驚きがあり、勉強している気には確かになるのですが、こういった表現はいくら覚えたところで応用がききません。

たとえば、これを応用させて”What’s down?”という表現があるかというと、そういう表現はありません。

こういう英会話フレーズは、ただ一つの場面でしか使えないので、せっかく覚えても勉強効率がかなり悪くなってしまいます。

それなら、応用がきく英会話上達法は何なのかというと、基礎的な文法と単語をしっかりマスターして、自分で英語を組み立てられるようになることです。

ただし、英会話フレーズ集の暗記は、「海外旅行に近々行く予定の人が、海外旅行で使えるフレーズを覚える」といったような明確な目的がある場合は、どんどんやることをおすすめします。

ここで大切なのは、誰に対して何について英語で話したいのか」という明確なイメージがあることです。

実際には、ほとんどの学習者はこれがあいまいであり、これが英会話が上達しないおおきな原因の一つです。

「何となく英語をペラペラ話せたらいいなという憧れはあるけど、具体的にどこでどういう風に英語を使いたいか、まだぼんやりとしか分からない」という場合には、シーン別に英会話フレーズを丸暗記することはおすすめできません。

英会話のシーンというのは、旅行だけでなく自宅での会話、同僚との会話、友達との会話、取引先との会話…と数限りなくあるわけで、あらゆる場面に応じた表現を丸暗記していてはキリがありません。

しかも、覚えてもそのほとんどは一度も使われることなく、忘れられてしまいます。

「英会話フレーズをたくさん覚えたら英語が話せるようになる」というのは幻想だということを理解して、応用のきく英会話のトレーニングをしてください。

eigo-h01-s

理由2:ネイティブらしさを目指すから

英会話ができるようになりたい人が本屋さんで手に取る本の第1位が、さきほどいった「使える英会話フレーズ集」といった本だとすると、第2位は、「こういう英語を話すとネイティブに笑われますよ」という類の本でしょう。

誰だってネイティブに笑われたくないし、ネイティブが使うようなこなれた表現を使いたいとおもうでしょう。

実はここに、大きな落とし穴があります。

どういうことかというと、英語を話すときに、「笑われないように」「ネイティブらしい英語を話したい」ということばかりに気が取られて、「もしかしたらこれも変かも?」「こういう言い方はネイティブらしくないのかな…」などと、全てが疑わしくなり、怖くて何も話せなくなってしまうのです。

ここで、冷静に考えてみてください。

不自由な日本語で一生懸命に言いたいことを伝えようとしている外国人を目の前にして、あなたは「何その変な日本語?」なんて、バカにしたりしますか?

誰もそんなことはしないと思います。

もしかしたら、かわいらしい表現に思わずクスっとしてしまうことはあるかもしれませんが、それは決してバカにした笑いではなく、「頑張ってるんだな~!」という好意的な感情からでしょう。

実は、こういう「こんな英語を話すとネイティブに笑われる」という本が売れるのは、日本だけだそうです。

ここで、絶対に覚えておいてほしいことは、英語は、日本語と違ってネイティブ以外の話者がネイティブをはるかに上回る言語だということです。

つまり、私たちのように「外国語として英語を使っている人」が世界中にすごくたくさんいることになります。

したがって、当然、ネイティブらしい表現でなくてもかなり寛容に受け入れられます。

理由3:英語を話していないから

「英会話が上達しない」と悩む人に、「昨日は何分くらい声を出して英語を話す練習しましたか?」と聞くと、ほとんどの人が「いえ、やってません…」と口ごもります。

みんな、英語教材のCDを聞いたり、英単語を覚えたり、問題集をやったりするのには熱心なのですが、実際に「英語を声に出す」ということが習慣になっている人は本当に少ないようです。

しかし、英語を話せるようになるには、英語を毎日話す以外に方法がありません。

当たり前すぎることですが、これが上達のコツといえます。

以下に、一人でできる英会話トレーニング方法を紹介します。

一人でできる英会話トレーニング法

<音読>

一番初心者向けでやりやすいのは「音読」です。

毎日10分くらいは、英語を読みながら口に出すことを継続すると、口がだんだんなめらかに動くようになってきます。

ボソボソと発音するのではなく、普段の話し声と同じボリュームで音読してください。

また、自己流の発音にならないように、教材の音声を用意して、それをそっくり真似るつもりで音読するようにします。

<シャドウイング>

音読よりは少し高度になるので、ある程度、英語の勉強を積み重ねてきた中級レベル以上の人におすすめです。

英語音声を流しながら、その英語のすぐ後ろを影のようにぴったりくっついて発音していくトレーニング法です。

<オーバーラッピング>

これも中級レベル以上の人におすすめですが、シャドウイングと音読の間を取ったようなトレーニング法がオーバーラッピングです。

オーバーラッピングは、英語の音声を聞きながらテキストを目で追って、テキストの英語に自分の英語を重ね合わせるようにして、同時進行で発音していきます。

テキストの英語音声と自分の声が同じスピードになるようにして、イントネーションもしっかり真似してください。

<瞬間英作文>

上の音読(シャドウイング、オーバーラッピング)はあくまでも既にそこにある英文を声に出すだけなので、残念ながら「自分で英語を組み立てる力」はつかないのが現状です。

そこで、自分でイチから英語を組み立てるトレーニングとして、瞬間英作文をおすすめします。

eigo-h02-s

理由4:英会話レッスン以外の時間で勉強をしないから

英会話レッスンに何ヶ月も、また人によっては何年も通っているけれど、いつまでたっても英会話が上手にならないと嘆いている人には、共通点があります。

それは、「英会話レッスン以外の時間に勉強をしていない」ということです。

たとえば、週1回40分の英会話教室に1年間通ったとしましょう。

月4回、1回40分のレッスンを1年間で、いったい何時間の授業が受けられるでしょうか?

答えは、月4回 X 40分 X 12ヶ月 = 32時間 です。

この時間で、どのくらい英会話が上達するでしょうか?

残念ながら、これくらいの時間では、外国人に英語で話す度胸だけはつくかもしれませんが、ほとんど上達しないというのが現実でしょう。

それではどうしたらいいのかというと、可能だったら英会話レッスンの回数を増やすことです。

通学スタイルだと、レッスン費用やスクールの行き帰りの負担が増えて大変なので、自宅で月々数千円台から毎日でも受けられるオンラインレッスンをおすすめします。

また、レッスンに加えて、ここで紹介した「一人でできる英会話トレーニング法」を行うことも大事です。

英会話には相手の英語を聞き取れるリスニング力や語彙力も必要なので、毎日英語を聞く習慣をつけましょう。

基本的な単語をコツコツ覚えることもあわせて行うと、英会話レッスンの上達もよりはやくなるでしょう。

理由5:いきなり英会話レッスンをやるから

たいていの人は、英会話ができるようになりたいと思ったら、まず英会話レッスンに行くことを考えます。

しかし、いきなり英会話のレッスンを受けるというのはおすすめできません。

もちろん、効果ゼロではないし、楽しみやモチベーション維持のためにレッスンを受けるのはとてもいいのですが、学習の効率は良くありません。

これには、「どうして?」という疑問に思うことでしょう。

ここで、どうして「いきなりの英会話レッスン」の効率が悪いのか説明しましょう。

英会話が上達するために必要な4つの段階

英語を話せるようになるには、次の4つの段階が必要です。

段階1:基本的な単語、文法、音読、発音などの基礎学習

初心者がいきなり普通の速度で英語を話すネイティブ相手に会話をしようとしても、きっと相手の英語が速すぎて理解できないでしょう。

かろうじて理解できたとしても、自分のいいたいことを英語でさっと表現することは難しいはずです。

これから分かるように、英語でも基礎練習がとても大切なことなのです。

英会話でいう基礎練習とは、基礎的な単語や文法の復習、音読、発音練習です。

段階2:リスニングや瞬間英作文などの発展学習

次に、シャドウイングやオーバーラッピングなども使いながら、英語らしいイントネーションで口がなめらかに動くように練習します。

英語でいいたいことを言えるようになるには「自分で英語を自由自在に組み立てられる」ことが必要になりますが、そのためには瞬間英作文がおすすめです。

瞬間英作文とは、提示された日本語をどんどんひたすら英語にしていくという練習です。

これを繰り返すことによって、だんだんと英語が瞬時に言えるようになっていきます。

段階3:英会話レッスン

英会話レッスンでは、少し間違ったことや誤解を与えるような英語をいったりしても、たいした問題ではありません。

自分のいいたいことが全く英語で出てこなくてわけがわからなくなってしまっても、先生は怒ったりしたりしないで、明るくあなたを励ましてくれるはずです。

英会話レッスンが終わったら、上手に英語で言えなかったところを復習したり、単語を覚えたり、「こういえば良かったんだ」という文章を何度も発音して、次に同じような場面に出くわしたときはスラッと口から出るように練習しましょう。

英会話レッスンは、「受けっぱなし」では残念ながら効果はとても低く効果が出ません。

段階4:本番の英会話

本番の英会話では、相手は英会話の先生ではないので、こちらの英語力に配慮してゆっくり話してくれたり、簡単な単語を使ってくれたりという配慮をしてくれません。

その場時は、「もう少しゆっくり話していただけますか?」「それはどういう意味ですか?」などと切り返しながら、何とか会話を成り立たせるようにしましょう。

仕事で英語を使う必要がある人は、英語の間違いが会社の損失につながるかもしれないので、冷や汗をかきながら真剣に英会話に臨みます。

でも、緊張感が大きい分、もっと英語が上手になりたい、もっと成長したいという思いは、英会話レッスンとは比べ物にならないほど強いはずです。

eigo-h-03-s

まとめ

英会話が上達しない理由は、以下の5つでした。

1.英会話フレーズの丸暗記に頼っているから
2.いきなりネイティブらしさを目指すから
3.英語を話していないから
4.英会話レッスン以外の時間で勉強をしないから
5.いきなり英会話レッスンをやるから

英会話ができるようになるのに必要なことを、まだまだ多くの日本人が勘違いしているのが現状です。

これをしっかり理解して練習を正しく積み重ね、ぜひ英語が話せるようになってください!

合わせてお読みください

関連記事

英語を学習しているのに話せないとお悩みのあなたに朗報!! 英語学習にたくさんの時間を割いているのに、なかなか話せるようにならない… オンライン英会話を学んでいるけれど、英語が話せない… 英会話スクールに通っているが、英[…]

悩む
関連記事

シニアが英語の学習に向いているのには理由がある 現代のミドル・シニア世代は元気な方が多いです。 新しい仕事にチャレンジしたり、資格を取得したり、海外旅行を企画したりなどとアクティブな活動をされています。 今の時代、ミドル・シニ[…]

シニアの上達する英語

 

応援クリックをポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ